2020年08月13日

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会


    ※30年経過したら、すべての情報を公開せよ!!

【日航機墜落事故の真相】


日本政府は731部隊の免責の為に、アメリカの原爆威力調査に全面協力する!!

「黒い雨」訴訟 控訴に原告「非常に憤り感じる」(20/08/12)











●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)









1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)



第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

長与が「うつ病」  


1931126日には島薗内科を退院し、自宅往診に切り替わったが、相変わらず日記は自分で書けない状態であった。その日記の一部を紹介する

1931224日(代筆)快晴、ようやく春めいてきた。午後田宮氏、宮川氏相次いで来る。気分よく急を要する伝研計画につき、部屋割りその他のことについて協議をした。多少疲れたため、夕食時に頭痛がおこり、気分の悪いことが数刻続いたが、夜になって回復した。」

 

 

 


  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

細菌戦裁判第1審判決ドキュメント

                                 ー嵐の4日間ー

                                                      中谷真紀子 (大学生)

828日午前10時〜   衆議院第2議員会館

―日本政府への事実調査の申し入れ―

◆問題を回避する政府

原告と中国の細菌戦被害調査委員会は、細菌戦被害の深刻性を具体的に述べ、技術解明を日本政府に強く申し入れた。1時間の予定が3時間に及んだ。申入れには100名を超えるとが参加した 。

 



●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?


     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 




一月十八日

又中隊の便所の入口はみんなが不注意のため一日に二廻も三廻も破る故、この間より閉鎖した 

所が或る兵隊が外から破れた硝子の中に手をいれ中鎖の針金を取っていた 廻れば一分とかからないところを五分も六分も(笑い声) つまらんといふ様な具合でね 注意終われば軍歌演習あり 軍隊なんて他愛ないところだ 子供のような注意や軍歌など


●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日〜31日)

 7月29日(水)

3、731部隊や慰安婦のことは知っていましたが、他にも知らないことがたくさんありました。最近映画で「主戦場」「沖縄スパイ戦」を見て、少しずつ若い人にも問題意識が広がっているように思います。

【要望】入場料を少しでもとって、今後も続けてほしいです。

(女性、40代、静岡県小山町、ウェブ)



    

●映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)

( )は性別・年代・住まい・情報

93、後世に伝えていくのは大切だが、自分の子どもに見せたいかと言えば?である。正直、エグイシーンが長く感じた。時代に応じた伝え方が必要だと思います。もちろん史実を残すのは大事ですが・・・。

(男性・30代・市内・毎日新聞)


 

 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●細菌戦
【真相】(unit731)

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)


V 私は中国軍の捕虜だった

ー総務部調査課翻訳(情報)班 H・M


われ、ハルピンを脱出せず


中国は訊問ではなく、思想改造で迫る


私について言えば、私自身が、731部隊について、自分の意志でありのままを供述するようになるまで、そっと見守っていこうという方針だったのである。
 こうした中国側の、先ず相手の思想を改造していこうという考えは、感想文の提出を求めるという形で、具体化された。厳密にではないが定期的に、私は感想文を書かされた。題材は何でもよい、今頭にあることをそのまま書けばよい、ということであった。何を書こうと別に何もいってこない。そうすることで、私の思想の進行状態を観察していたのであろう。

 




・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 



原口一八供述書(1954年8月26日)

問:興安北省地方保安局(分室)における任務および具体的活動について述べよ。

答:1940年10月から43年3月頃まで、私は興安北省地方保安局(分室)において事務官局長代行及び理事官の職務に就いていた。

 保安局(分室)に勤務した2年4ヶ月の間に、命令を受けて保安局(分室)防諜機関及び各国境警察隊に指示し、通ソ容疑者などの名義で、中国人70名、ソ連人6名、モンゴル人15名、合わせて90余名を前後して逮捕した。尋問の後、中央保安局の指示に従って、4通りの方法でそれぞれ処理した。

1、殺害。2、ハルピンの石井部隊送り。3、阜新炭鉱に送って労役に就かせる。4、特務として逆用。

内訳は、殺害された者が、中国人、ソ連人、モンゴル人21人。

ハルピンの石井部隊に送られ細菌実験に供された者が、中国人、モンゴル人40、

阜新炭鉱で労役につかされたソ連人が5名、

阿巴戛の日本軍に送られたモンゴル人が3名、

長春蒙古学院で特務として逆用されたモンゴル人1名(西野という名であった)、

釈放された者10余名、

その他の14、5名は私が離任する際もまだ分室の拘留所内に拘禁されていた。

(1)119-2、890、1、第4号





posted by ノブ at 08:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細菌戦の系譜!!

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発



5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開


「決戦兵器」開発の要望

1942(昭和17)年8月15日、参謀本部第二課(作戦課)は決戦兵器として様々な新兵器の開発を要望したが、数年以内に実現を要望するものの中には通常兵器だけでなく、「人体の神経系統を不知不識の間に麻痺もしくは攪乱せしむる薬品もしくは瓦斯体の考案」や「石井部隊(731部隊)の拡充」などが提示され、さらに、もう少し先の将来に実現を希望する兵器として、「敵性民族剿滅兵器の考案」が挙げられ、そこには「石井部隊の拡充、改善」「人体の局部機関中のいずれかを不能ならしむべき薬品もしくは兵器の考案」などが要望されている(参謀本部第二課「決戦兵器考案に関する作戦上の要望」)。陸軍の作戦指導の中枢である参謀本部第二課が世界大戦に勝利するためこのような「決戦兵器」を要望していたのである。


 

 

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず

埋めるー中国の毒ガス弾に対する処理

 

 敦化地区のように毒ガス兵器を処理したところは、他にも数多い。例えば黒竜江省の尚志市で処理された化学弾は20万発以上あり、規格としては直径150、105、90、75ミリ など数種類があった。このほか毒剤1100sあまりも処理した。同省の富錦県では同様の規格の砲弾10万発を処理した。同省阿城市では毒ガス弾300発以上、毒剤10t余りを処理した。吉林省及び遼寧省の多くの場所でも10t以上の化学剤を処理した。山西、河北、安寧などの省でも化学砲弾1万発以上を処理した。要するに、日本軍が大掛かりな駐屯行った多くの場所ではいずれも、遺棄された化学兵器の処理が行われたのである。


 


 





日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)


焼け火箸ー拷問の挙句に斬首

佐藤五郎
分隊員 上等兵

(旧部隊名)第59師団第109大隊

穴を掘っている所から3メートルくらい離れたところに、5日前吊し上げの拷問を受けた中年の男が紺色の上着を着て座っている。側には隊長の青山が軍刀を吊って立っている。通訳の金本は拳銃をケースから出している。4人の補助憲兵は青山の前に走り寄ると、整列し巡察報告をする。青山の前に整列した野良犬どもの顔を、座った農民風の男は後ろを向き大きく呼吸をしながら睨みつけていた。左顔面には梅田伍長に殴られた傷跡が紫色に腫れ上がっており、ものすごい形相だった。巡察報告が終わると、「よし、ご苦労、解散」青山の声に4人はその場を立ち去ろうとした。

 


 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)




●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

1 最近の情報公開裁判の動き

そのため私たちは、当然、全部の『図書原簿』の公開を要求しました。この結果、衛生学校と化学学校の『図書原簿』を計4日間に亘って閲覧し、更に『衛生学校記事』28冊が発見された防衛医科大学図書室も2日間に亘って『図書原簿』を閲覧してきました。

 勿論衛生学校や化学学校の『学校記事』は隠されていましたが、当然にあるはずの『学校史』関係書類が図書原簿に一切掲載されていないことが分かりました。


 


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊





●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

V 日本における生物・化学兵器の歩み

2、 生物・化学兵器の種類と特性


 

(2)動物毒素 @動物毒素は、高等動物から下等動物に至るまで産出するからその数は非常に多い。ただし、人体に特に危険なものは少ない。A動物毒素の化学反応と、人体に対する生理的作用は細菌の外毒素に似ている。B動物毒素は次の動物に見出される。腔腸動物(クラゲ)節足動物(ムカデ、クモ)、軟体動物(カタツムリ)爬虫類(トカゲ)、魚類(ナマズ)。




●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

2001年ピュリッツァー賞受賞



※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

『木戸日記」によると、天皇が和平について真剣に考慮するように最初に求められたのは194569日であった。この前日、木戸が起草した「時局収拾の対策試案」を天皇に言上したのである。この時期がきわめて重要である。なぜなら、これは皇居が誤って爆撃された〔米軍は皇居を爆撃しないように命令していた〕直後であり、沖縄防衛が完全に絶望的となり、〔8日には〕最高戦争指導会議が「今後採るべき戦争指導の基本大綱」を決定していたからである。ヨーロッパの戦闘は終結していた。いまや、連合国と戦うのは日本だけとなっていた。木戸の「試案」は漠然としたものであり、日本が敵国と交渉する際、日本が少しでも有利に立てるように、仲介者としてソ連に手助けを求めるというものであった。木戸にとって、この試案の起草は長く続いた軍部強硬派との蜜月を終わらせることを示唆していた。そして、天皇は、それを受け入れることで、ついに早急な和平を覚悟したことを暗に示したのである。 

                    




731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!


日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱

ヒートアイランドと熱帯夜


今では大気だけでなく、東京都心の地下40 m の地下水まで、四季を通じて、郊外に比べて2℃も上がっていることが明らかになった。これと同じ理屈で、電気自動車をエコカーと呼ぶのは、日本のエネルギー事情に無知なエコ論者や自動車評論家の完全なしてあげてください錯覚である。電気自動車は、走っている時に自動車の排気ガスが少ないだけの乗り物で、発電所からもらった電気で動く車である。現在の技術ではドライバーが必ず夜間に充電することになる。後述するように、日本の電力会社は、夜間には最もエネルギー効率の悪い原発を全面的に使っているので、もし電気自動車が普及すれば、とんでもない量の排熱原になり、クーラーと同じ地球加熱装置になる。こんなものが環境に優しいはずがない。




●核実験(ウキペディアより)


若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

核兵器禁止条約

署名国と批准した国

 コンゴ共和国

2017年9月20日

 

 コスタリカ

2017年9月20日

2018年7月5日

 コートジボワール

2017年9月20日

 

 キューバ

2017年9月20日

2018年1月30日

 エクアドル

2017年9月20日

2019年9月25日

水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)






●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

       






           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!


posted by ノブ at 08:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

細菌戦の系譜!!

中国侵略戦争
細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著
731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会


※「サムライ」という言葉を死語にせよ!!


  2020年第5回「戦争の加害」パネル展









●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)








1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)



第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

長与が「うつ病」  


1930年1122日に、今度は東大島薗内科に入院した。島薗順次郎(東大、1905年卒)は、ビタミンB₁の研究で知られている。相変わらず食欲も出ず、不眠が続き、初めて病院で年を越す結果になった。

1931年16日午後11時より所長室において新年式挙行、宮川所長代理より年頭の訓辞があった。簡素なる冷酒の宴が催された。」(「実験医学雑誌」雑報 、15巻1号)

長与の病気療養中は、伝研の所長代理は宮川米次だった。

 

 

 


  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

細菌戦裁判第1審判決ドキュメント

                                 ー嵐の4日間ー

                                                      中谷真紀子 (大学生)

828日午前10時〜   衆議院第2議員会館

―日本政府への事実調査の申し入れ―

◆問題を回避する政府

原告と中国の細菌戦被害調査委員会は、細菌戦被害の深刻性を具体的に述べ、技術解明を日本政府に強く申し入れた。1時間の予定が3時間に及んだ。申入れには100名を超えるとが参加した 。

 








●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?


     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 




一月十八日

夜は七時半に週番下士林軍曹の注意あり左のような具合に。

今ここに集めたのは外でもない 週番としての中隊や将校の人々の注意をみんなに知らせる。今中隊は非常に沈んでいる  患者が現在十一名もいる。 此れからは医務室に行く者は 頭の欠けた者 足の取れた者  指の切れてなくなった者の様な者の他  連れて行かない(笑い声あり)


●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日〜31日)

 7月29日(水)

2、知っていると思ったことが、あまりにも無知識だったことを思い知りました。戦争は人間のさがなのか、間違っていても多くの声が流れに従って加担していくのが人間。今の戦争が無くならない世界。人類(人間)は自然環境を自己利益のために破壊して、強い人間本位社会を作っていく。地球にとって人間は必要なのか?コロナによる反撃、災害による人間滅亡化、どうしたらよいのでしょう。

(男性、60代、逗子市、フェイスブック)



    

●映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)

( )は性別・年代・住まい・情報

92NHKで番組を見て、この映画のことを初めて知りました。ぜひ見たいと思っていたので、見れてよかったです。被爆者の方たちの伝えたい、知ってほしいという気持ちが強く伝わってきました。もちろん、本当はさらにすさまじい実態だったと思いますが未来に一番実情を伝えていける映画だったと思います。広めていきたいです。

(女性・50代・市内・浜教組チラシ・朝日新聞)


 

 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●細菌戦
【真相】(unit731)

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)


V 私は中国軍の捕虜だった

ー総務部調査課翻訳(情報)班 H・M


われ、ハルピンを脱出せず


中国は訊問ではなく、思想改造で迫る


後になって、ソ連軍や南方で連合軍の捕虜になった人々が受けた苛酷な扱いを知るに及んで、私は唖然とせざるを得なかった。そして、つくづくと、中国人の肚の大きさというか、度量の大きさに感服したのであった。彼らはこちらの思想的な目覚めを、じっと待っているのである。そのための手助けは、できるだけしてあげましょう。しかし、最後はあなた自身が考え、行動するしかないのですという態度で、一貫していた。 

 




・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 



原口一八供述書(1954年8月26日)

問:興安北省地方保安局(分室)における任務および具体的活動について述べよ。

答:1940年10月から43年3月頃まで、私は興安北省地方保安局(分室)において事務官局長代行及び理事官の職務に就いていた。

 保安局(分室)に勤務した2年4ヶ月の間に、命令を受けて保安局(分室)防諜機関及び各国境警察隊に指示し、通ソ容疑者などの名義で、中国人70名、ソ連人6名、モンゴル人15名、合わせて90余名を前後して逮捕した。尋問の後、中央保安局の指示に従って、4通りの方法でそれぞれ処置した。





posted by ノブ at 06:45| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細菌戦の系譜!!

●毒ガス戦

・『日本軍の毒ガス兵器』  松野誠也著
第1章 毒ガス兵器の研究と開発



5、アジア太平洋戦争と科学動員による毒ガス兵器開発の展開


「決戦兵器」開発の要望

1941(昭和16)年12月に日本はアメリカ・イギリス・オランダに宣戦布告し、それ以降、三国同盟を結ぶ日本・ドイツ・イタリアを中心とする枢軸国側と、アメリカ・イギリス・フランス・中国・オランダ・ソ連(ドイツと戦争中)を中心とする連合国側が1945(昭和20)年に至るまで世界が各地て激しい攻防戦を繰り返した。日本は、中国との戦争を継続しながら、中国東北に70万の兵力を結集して対ソ戦の準備を進め、さらにアメリカ・イギリス・オランダとも太平洋・東南アジアなどで激戦を展開した。


 

 

 

 

  

  ・『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店 1995年発行)

第13章

毒ガスは消えず

埋めるー中国の毒ガス弾に対する処理

 


一部のソ連製の廃砲弾や朝鮮戦争中に遺棄されたアメリカ製の廃棄砲弾も、すでに使い道がなくなったため、穴の中に埋められた。70年代になってもなおしばしば廃弾や毒ガス弾が発見されたため、3号穴はずっと封がされなかった。

 敦化地区のように毒ガス兵器を処理したところは、他にも数多い。例えば黒竜江省の尚志市で処理された化学弾は20万発以上あり、規格としては直径150、105、90、75ミリ など数種類があった。このほか毒剤1100sあまりも処理した。

 


 





日本軍の毒ガス戦と遺棄毒ガス問題


●『三光』     中国帰還者連絡会編
日本鬼子(リーベンクイズ)


焼け火箸ー拷問の挙句に斬首

佐藤五郎
分隊員 上等兵

(旧部隊名)第59師団第109大隊

「おい隊長殿いるか「おおいるよ、お前達が帰って来るのを待っていたんだ。今 中庭でこれだぞ」手を首に当て、今から斬首をやるというのである。首を斬ると言った言葉に思わず三人は顔を見合わせた。「おい、行こう」大下は顎を上げ、3人に合図した。4人の補助憲兵は受付室を飛び出し、中庭に走って行った。中庭に来てみると、高田上等兵が盛んに中庭の片隅に穴を掘っている。穴は高田の腰もとくらいも掘られ、盛んにシャベルを振っていた。周りには高さ3メートルのコンクリートの壁で囲まれ、壁に沿って煉瓦造りの大きな家屋が立っている。 

 


 2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)




●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス

●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

1 最近の情報公開裁判の動き

 昨年は『衛生学校記事』、『化学学校記事』の両事件を合わせて9回裁判が開かれました。

 1昨年、『衛生学校記事』裁判では、衛生学校の『図書原簿(目録)』から、かつて『衛生学校記事』『化学学校記事』が衛生学校図書室に存在し保管されていたことが明らかになりました。

 そもそも『図書原簿』の存在については、私たちも認識が不充分でしたが、衛生学校担当者が「以前存在していたが、今は廃棄した証拠」として『図書原簿』を提出してきました。


 


・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判も(第16回)東京地裁522号法廷は

未定になっています。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊





●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。

V 日本における生物・化学兵器の歩み

2、 生物・化学兵器の種類と特性


 

(1)微生物の毒素(細菌毒素)微生物毒素として一般に知られているものは細菌毒素である。細菌毒素は外毒素と内毒素に分けられる。


(a)外毒素(菌体外毒素)@外毒素は生きた細菌が放出する可溶性の毒素で、内毒素より有毒である。A外毒素は熱や、タンパク質分解酵素により容易に分解される。(ボツリヌス毒素は例外)B外毒素の例、ボツリヌス菌、ジフテリア菌、ガス壊疽菌、破傷風菌、細菌性赤痢菌。

(b) 内毒素(菌体内毒素)@内毒素は細菌が死滅または分解した時に遊離する毒素である。A内毒素の例、ペスト菌、コレラ菌、腸チフス菌、パラチフス菌。





●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

2001年ピュリッツァー賞受賞



※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

当時の近衛が、「狂気」のなかに昭和天皇を含めていたとしても無理はない。

昭和天皇が汪兆銘政権の元高官【小磯が強く支持した繆斌(ミョウヒン)】を通じて進めていた中国との和平工作の中止を命じて3日後、つまり沖縄戦開始から5日目の45日、天皇と小磯首相の間に見解の対立が生じた。昭和天皇はレイテ以来、硫黄島陥落に至るまで軍事的敗退を繰り返してきた小磯を叱責し、直ちに内閣を更迭した。次いで、天皇は、彼が信頼を寄せていた元従侍長で78歳の退役海軍提督、鈴木貫太郎を新しい政府の首班とすることにした。この時点では、天皇も鈴木も、戦争終結を意図して、何らかの政策の変更をしようとは考えていなかった。沖縄戦で甚大な損害を被り、アメリカ軍の焼夷弾爆撃により60以上の都市をあらかた焼け野原としてしまってから、ようやく昭和天皇は和平の希望を示唆し、戦争終結の方途を模索し始めたのである。

                    




731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!


日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱

ヒートアイランドと熱帯夜


原発では、発電量の2倍の排熱である。つまり東京、名古屋、大阪、福岡のような大都市を中心に、日本人が一斉にスイッチを入れて、最も暑い日にますます日本を過熱する。本来は水を含んだ帯水層の土から立ち上る水蒸気が気化熱を奪って冷やしてくれるはずが、都市の表面は、アスファルトとコンクリートで覆われているため、冷えない。逆に、夜になって、これらのコンクリートからの熱が出されて、眠れない熱帯夜を迎える。みながエアコンを切れば、はるかに気温が低くなるのだ。




●核実験(ウキペディアより)


若くして白血病で亡くなった夏目雅子、本田美奈子、また五輪候補選手だったスイマーが白血病になったのは、放射能の影響ではないのか?

月の砂漠の犠牲者 夏目雅子と本田美奈子

核実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

核兵器禁止条約

署名国と批准した国

 ドミニカ国

2019年9月26日

2019年10月18日

 ドミニカ共和国

2018年6月7日

 

 コンゴ民主共和国

2017年9月20日


水素爆弾の恐怖・ビキニ環礁 (アメリカ)






●核なき世界へ!!Toward a Nuclear-Free Future




●核融合もすべきではない!!
20170303 小出裕章先生にきいてみた!!〜土岐市核融合科学研究所 重水素実験について





なぜ、日本は広島・長崎・ビキニ・JCO臨界事故・福島と5度も被爆しているにに、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!

       

      

原爆投下された直後、日本は自らが原爆調査をして、731部隊(人体実験や細菌戦)の事もあるので、アメリカの心証を良くしようと考えた。そして科学者を総動員して原爆調査(被爆者を救済するための調査ではなく、原爆の威力調査)を181冊の調査書にまとめて、英訳し、アメリカに渡した。その後、731部隊員は、731で研究したデータを渡し、戦犯免責を受けた。原爆調査書は被爆者の治療には全く生かされず、日本の医学界は、原爆の放射能被害については、何も言及しなかった。そればかりか、その後のアメリカの原爆・水爆実験も批判せず、その被害を過小評価した。そして日本政府が、原子力の平和利用として原発を推進する政策にも、大きく加担している。

XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

・・・第二次世界大戦中、日本軍は3000人もの医師たちが関わったとされる731部隊により、妊婦や子供まで含めた人体実験が行いました。極東裁判では捕虜虐待死の容疑で死刑に処された軍医幹部もいる中、731部隊関連者は訴追されませんでした。戦後、「研究データを米軍に提供すること」、さらにはなんと、「広島・長崎の研究に協力すること」を引き換えに免責されたのでした。

2010年のNHKの番組で、「(米国への研究データの提供のほかに)原爆調査への協力を731部隊の免責のカードとして使った」という元陸軍軍医の証言がありました。

封印された原爆報告書




水爆実験
水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

       








           

JCOの臨界事故


福島第1原発事故

核兵器廃絶
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!

日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
水俣病


731部隊(unit731)
昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!


posted by ノブ at 06:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

細菌戦の系譜!!

 中国侵略戦争

細菌(生物)戦争
『BCGと人体実験』 美馬聡昭著

731部隊 ペスト研究、攻撃用か(1988年朝日新聞)
防疫研究室と昭和天皇の関係
1940年と2020年の東京オリンピック
731部隊と国立感染症研究所の問題
731部隊 行動示す新資料・埋もれた公文書
情報公開裁判「化学学校記事」「衛生学校記事」
ABC企画委員会
731部隊・100部隊展
記憶の継承を進める神奈川の会


※「サムライ」という言葉を死語にせよ!!


  2020年第5回「戦争の加害」パネル展









●今の日本人は、まさかと思うかもしれない。


今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。これは、細菌戦(生物戦)ではないのか?
過去に、日本が中国で行なった細菌戦のように。(以下は現在分かっている細菌戦)

 日本政府・日本医学界が、真摯に過去に向き合い、生物兵器を作ったことを謝罪し、今のこの難局に立ち向かわない限り、オリンピック開催はないであろう。


東大医学部を卒業、将来を期待される医学者でありながら、731部隊の恐ろしい体験から、そしてその731部隊に参加したという罪の意識から、戦後医学者の道を捨ててしまった男、秋元寿恵夫

元731部隊員(第十課 血清班班長)秋元寿恵夫の言葉

「もしもバイオテクノロジーが軍事研究の魔の手に捕らえられた時の行き先がどうなるのかの危険性は、「ひょっとしたら人間の知能などを変える」どころか、さらには人類にとって取り返しのつかない害悪をもたらす生物兵器の出現につながっていくかもしれないのである。」


1939年 731部隊 ノモンハン戦争にて細菌戦(チフス菌、コレラ菌、赤痢菌)を行う
*1940年は皇紀2600年(神武が即位して2600年??)東京オリンピックや万博が開催される予定であったが、戦争の為中止!!
1940年 6月4日  731部隊、農安大賚・農安で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月 4日   731部隊、衢州で細菌戦(ペスト菌)を行う
10月27日  731部隊、寧波で細菌戦(ペスト菌)を行う
1941年11月4日  731部隊、湖南省常徳で細菌戦(ペスト菌)を行
1942年17月 100部隊は、ハイラルの北約120キロのソ連国境で行なった「三河演習」で鼻疽菌の生存期間を測定、炭疽菌の土 壌への浸透力の調査した 
8月  731部隊、湖南省江山、常山、衢県、麗水、江西省広信、広豊、玉山で細菌戦(ペスト、コレラ、チフス)を行う
1943年12月  100部隊第2部に細菌戦準備の第6科を設置


【コロナは生物兵器か】人工のコロナウイルスショックによる文明の転換点 船瀬俊介氏が語る




米軍300人が新型コロナの感染が広がる前に武漢にいたという。
新型コロナウィルスを撒いたのは??


10分で学びなおす 「731部隊」より(『週刊現代』より)







1929年11月7日昭和天皇陸軍軍医学校視察



731部隊は、石井四郎が、細菌戦の司令塔ではなかった。誰が裏で司令塔になっていたのだろうか?小泉親彦陸軍軍医総監、宮川米次第5代東大伝研所長、大元帥昭和天皇等がバックにいた。


●日本政府は、新宿戸山の軍医学校跡地(現国立感染症センター)から見つかった人骨の身元調査を早急にして、遺族に返還し、きちんと謝罪すべきだ!!


731部隊被害者遺族の訴え!!        

 



検証・中国に於ける生体実験
東京帝大医学部の犯罪   美馬聡昭著  桐書房(2013年)



第4章  伝染病研究所と「実験医学雑誌」の雑報

 

長与が「うつ病」  


長与又郎が精神症状を伴う重症「うつ病」を発症した。

この部分の「長与又郎日記」を意訳する。

1930年9月26日のことである。彼は恙虫(つつがむし)病と発疹チフスとの標本を比較検討していたときに、突然心臓発作を起こした。そのため伝研に入院となった。

 その後も彼の症状は良くならず、心臓発作は続き、不眠、食欲不振、抑うつ気分も持続し、長年書き続けていた日記の文字も、判読できないほどになり、代筆が多くなった。

19301118(代筆)(略)大阪の今村荒男氏からはるばる送られた鯛の刺身をつくり少々食べたが非常に美味しかった」

 

 

 


  伝染病研究所の写真は、『傳染病研究所』小高健著より 


   

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、事実も認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?


●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

細菌戦裁判第1審判決ドキュメント

                                 ー嵐の4日間ー

                                                      中谷真紀子 (大学生)

828日午前10時〜   衆議院第2議員会館

―日本政府への事実調査の申し入れ―

◆問題を回避する政府

土屋弁護士,一瀬弁護士、慶応大学の松村教授、中央大学の吉見教授、ジャーナリストの近藤氏、医師の松井氏らが、東京地裁判決に関しての見解、米国、ロシア、中国での731部隊の資料 特に関東憲兵隊の「特移扱」の資料についての見解、井本熊雄日誌などの防衛庁の非公開資料に関する見解、各地の防疫給水部の留守名簿について、米国からの返還資料4万点の閲覧について質した。防衛庁、厚生労働省は、できるだけ公開したいと答弁した。

 








●731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?


     731部隊の行なった細菌戦


●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難


           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記




●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』


 




一月十八日

 八日ぶりにて第二四下番。 日曜の昼にて中隊は非常に呑気なり 零下十八度

一日早められて下番だ 珍しく六時に起き帰る仕度をする。乗馬兵も帰っていった  中隊にゆけば一日位は休めるだろうよ。第二四列車で初めて首山の娘を見る中々立派だ。相変わらず中隊はよいね 娯楽室で半日遊ぶ 初めて故珍しい将棋 碁 自由な本


●パネル展「戦争の加害」感想(2020年7月27日〜31日)

 7月29日(水)

1、敗戦から75年が経過し、戦争犯罪の風化が言われています。加害の記録を次世代に伝えていくことは大事なことと思います。大日本帝国の指導層は敗戦後も生き残っており、現在の日本支配層とつながっていると思います。このことが、今の日本社会の不幸の源となっています。

(男性、60代、埼玉県、週刊金曜日)



    

●映画「ひろしま」アンケート(1月13日 横浜)

( )は性別・年代・住まい・情報

91、このようなドキュメンタリー的な大作があったのを全く知りませんでした。かなり忠実で8.8万人ものエキストラが参加しての映画は皆の思いの詰まった迫真の力作となっていると思います。色々考えさせる内容で、多くの人々に見てもらいたいと感じました。

(男性・70代・市内・朝日新聞)


 

 

 日本は、日中戦争で国際法に違反して、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!


●細菌戦
【真相】(unit731)

・『石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言』
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)


V 私は中国軍の捕虜だった

ー総務部調査課翻訳(情報)班 H・M


われ、ハルピンを脱出せず


中国は訊問ではなく、思想改造で迫る


 この華東軍区軍事監獄には、約2年間投獄されていた。そしてこの間、いわゆる日本流の取調べや裁判はなかった。ただ、中国流の対応が、なされただけである。
 時々、独房を出て、中国側当局者と面談するのである。
 「君は、なぜこの監獄に入れられているか、分かりますか」という調子で面談は始められる。決して、向こうから、私の経歴を持ち出したり、731部隊のことを口に出したりはしない。
 中国側の態度は、きわめて紳士的であり、私を侮辱するような態度は、いささかも見せなかった。それも、方便としてそういう態度に出ているのでなく、心からそうしているということが、私に伝わってくるようなものであった。

 




・『証言 人体実験(731部隊とその周辺)』


中央档案館、中国第2歴史档案館、吉林省社会科学院編
江田憲治、兒嶋俊郎、松村高夫編訳

三 警察・憲兵の第731部隊への「特移扱」 



弘田利光供述書(1954年9月13日)

問:自分の犯した殺人の行為について述べよ

答:1940年9月、憲兵分隊警務係助手をしていた際、黒竜江省漠河県の劉相征(37、38歳)を見張っていた。彼が嫩江を去った際、孫呉憲兵分隊にその任務を引き継いだ。彼は逮捕された後、孫呉憲兵隊から石井部隊に送られ、殺害された。

 1941年8月、戦務防諜係伍長をしていた際、嫩江街の中国旅館を捜索していた時に、黒竜江省呼瑪県三道卡の筏(いかだ)職人金士貴(35歳くらい)の証明書が怪しいのに気づき、逮捕して分隊に拘留した。尋問の後、自分の手で彼をハルピン駅へ護送し、石井部隊の護送車に引き渡した。この件で手柄を立てたということで、チチハル憲兵隊長星実敏から表彰された。

(1)119-2、821、1、第4号




posted by ノブ at 08:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする